• 老後のためにコインランドリーの起業はいかがですか

    コインランドリーは、生活に密着した業種であり土地を持っている人には副業を始めるのに適しています。

    今、最も注目を集めるコインランドリー起業に関する疑問が解決できます。

    近くに工場があるような地区では、特に需要があります。

    リピーターになるお客様が多いためです。


    コインランドリーは、機械設置が必要になりますので起業をするには初期費用がかかります。
    但し日銭商売ですから、毎日現金がはいります。

    機械が故障しない限り稼働率が高いのがメリットになります。


    一般に初期費用は、1千万円ぐらいかかると言われますが、借り入れを利用すれば頭金を少し用立てるだけで開業できます。



    土地は、狭小地でもできますので場所の選定さえ誤らなければ成功の確率は高いです。


    人件費がかかりませんので、ランニングコストが非常にいいです。
    また、機械については減価償却が認められますから経理面でも初期段階の負担が軽減されます。


    かかるコストは、水道代ですが利用時にしかかかりませんから利用料でまかなえます。電気代も同じように利用時にかかるので待機電力を利用すれば効率的です。

    コインランドリーを起業するにあたっては、近隣に集合住宅や様々な理由で自宅で洗濯ができない人です。リピーターになってくれる確率は高いです。



    ただし、デメリットもあります。

    起業にあたって初期費用がかかることです。


    また機械ですから壊れることもあり、その対応が必要です。


    無人で経営することになるので監視設備も備える必要があります。現金収入が期待できると言っても多額ではありません。売上アップが困難なので収入が固定する傾向があります。


    メリット、デメリットはありますが、土地さえあれば気軽にはじめられる副業であり融資も受けやすいサラリーマンに向いた起業です。