• コインランドリーを起業する流れ

    コインランドリーは、備え付けられている洗濯機を使って利用者が洗濯する店舗になります。
    洗濯機だけではなく、乾燥機も利用することができ、洗剤の自動販売機などもあるためコインで利用することが可能です。コインランドリーは近年では、土地活用の方法として注目されています。狭い土地で経営することができるほか、低価格で始めることができ、無人で経営することが基本のため人件費がかからないなどのメリットがあります。そんなコインランドリーを起業するためには、様々な手続きが必要です。

    あなたにオススメのコインランドリー起業の詳細は専用ホームページで紹介しています。

    起業の流れとしては、まず地元保健所の担当部署に「コインオペレーションクリーニング営業施設開設届」というものを提出します。

    開設届には衛生管理責任者や有機溶剤管理責任者が必要ですが、特別な資格は必要ないとされています。
    ただし、店舗の近隣に移住している人が担当しているのが望ましいです。

    その他、構造設備の概要や付近の見取り図、洗濯機などの配置図なども必要となってきます。


    書類が提出した際には、保健所の職員が店舗の検査に訪れるための日時を相談します。



    検査が終了して問題がなければ検査済所が交付されて開業できます。



    起業するためには、特別な資格などは必要ありませんが、店舗や洗濯機本体、搬入する費用、自動販売機などが必要になったり、無人であるため監視するためのシステムの導入、お金を両替するための機器などが必要となってきます。書類だけではなく、費用もどれだけ必要なのかもしっかり考えてから起業することが大切です。